海外で日本語を教えるには?

こんにちは!Shushuです。

 

将来海外に住みたいと思っている人の中には

 

『日本語教師になる』

 

と考えている人もいるのではないでしょうか?

 

 

 

『すでにあるスキルを使って海外でお金を稼げたらいいな』
『海外のひとが日本に興味持ってくれたらうれしいな^^』
『もしかしたら黒人の生徒と付き合えるかも・・・』

 

 

と思っていませんか?笑

 

 

では、海外で日本語教師になるためには
いったい何から始めたら良いのでしょうか?

 

 

【日本語教師資格はない】

 

 

 

『日本語教師になるにはどんな資格をとったらいいのでしょうか?』

 

 

こういう質問をたくさんされます。

 

 

 

ですが、実は日本語教師になるために必要な
国家資格は存在しません。

 

 

極端にいえば、誰でも日本語教師になって
海外で働く事が出来るという訳です。

 

 

 

驚きですね。

 

 

『でも専門知識とかいりますよね?』

 

 

その通りです。

 

 

日本語を「外国語」として教えるには、
単に日本語が理解できて、話せればいい
というわけではありません。

 

 

外国人に教えられるだけのスキルが求められます。

 

 

 

わたしたちは日本語を無意識に身につけましたよね?

 

 

だから、日本語を話したり書く事はできるけど
それを言語学的に説明しなさい、といわれても
説明できないですよね?

 

 

たとえば、

1「私は鈴木です」「私が鈴木です」
2「東京へ行きます」「東京に行きます」
3「彼にこの本をもらった」「彼がこの本をくれた」

 

 

あなたはこの1~3の文章が
文法的にどうちがうのかを説明できますか?

 

 

 

おそらく出来ないと思います。
わたしだってできません。笑

 

 

日本語教師になるためには
これらのちがいを理解しておく必要があるのです。

 

 

そこで多くの日本語教師の求人情報には
【とある資格】
が採用条件に書かれています。

 

 

それはなにかというと・・・

 

 

【日本語教師有資格者】

 

 

というものになります。

 

 

特に国家資格などはないかわりに
これを採用条件にしている学校が多いのです。

 

 

TOEICや英検のような民間の資格だと思ってもらえればOKです。

 

 

 

では、
「日本語教師有資格者」
とはどんなものなのでしょうか?

 

 

 

今回は長くなってしまったのでそれについては
次回にまた、お伝えしようと思います^^

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました^^

 

===================================

 

わたしのメールマガジン「海外住みたい!」

 

『海外に住みたい!
でもまず何からしたらいいかわからない。。』

 

 

そんなあなたは
このメールマガジンに参加することで
夢への1歩を踏み出すことが出来ます。

 

 

同じ夢をもつ仲間と一緒に
夢を叶えませんか?^^

 

参加するには、
下のリンクをクリックしね!
メールアドレスとお名前を入力して
下にある送信ボタンを押してください。

 

海外住みたい」に参加する!

 

あなたの参加をお待ちしております^^

 

Aloha_Mahalo / Pixabay



 

1日10分、あっという間にネイティブ英語!リンキング講座(Campaign ver.)

広告




コメントを残す